空気も光も足りない
濡れた路地を右側へ
迷路の道案内かい
ありがとう
でも君は誰?
すれ違う人達がみんな
魚のような目をしているのは
どこかへ向かって流れているのか
何かを忘れようとしてるのか

人が出入りするたびに
ドアの鍵をかけなおす
花束抱えてたんだね
おめでとう
でも君は誰?
目的なんてありもしないのに
水族館の水槽の中を
ぐるぐると回り続ける
だって死んじゃうから

水中のような街なんだけど
呼吸できない人がいないのは
いつの間にか自由になって
そういえば僕の手は青く
fish fish

水中のような街なんだから
消えてしまう人もいるんだけど
僕たちは泳ぎまわって
君の肌は銀鱗のように

ああ あぶくが
まとわりつきながら消えるように
触れながら逃げていく
どこかでまた会えるだろう

水中のような街なんだけど
呼吸できない人がいないのは
いつの間にか自由になって
そういえば僕の手は青く
fish fish

作詞・作曲 水永達也

Copyright (c) 2008 Mizunaga Tatsuya. All Rights Reserved.